「衰」運


「衰」の年は、「衰退」を意味します。
物事のスタートには不向きで体調を崩しやすく、旅行や出張には向きません。
この年は慎重に過ごしたい。
全体的に沈み込んだ状態になり気分も憂鬱で、感情面でも鈍くなってしまいます。
仕事面でも身が入らず、一つ一つが中途半端になってしまいがち。
適当に仕事をしてしまうと…衰の運勢が増幅してしまいます。
スローペースでも着実にこなしていく事だ。
周囲からもペースを乱され、現実とのギャップから過去に思い描いていた自分の理想象が浮上します。
この時期は自分の殻に閉じこもってしまいがちですが、そうなるとさらに状況が悪化します。
人間関係においても上手く行かず、人によっては周囲から反感を買う場合もあります。
過去の清算時期でもあり、自らの問題点がこの時期に浮上するのです。
今現在の自分と見つめ合い、過去を清算し、自己改革する事で、次のステップへと繋げる年になります。
「衰」の年は、充電期間と捉えるのが自然でしょう。
仕事のレベルアップを図り、学習期間としても良いです。
また、自暴自棄に陥りやすいので、色恋には注意が必要です。



※このページから入られた方は、下記リンクからお入りください。
宿曜占星術 夢占い ロンバードの予言



無断転載を禁じます。
Copyright (C) fs-astrology All Rights Reserved.