Menu

宿曜占星術【fs-astrology】相性も運勢も恋愛も無料で占う

宿曜|基本占いから運勢・相性・恋愛全て占う

/ /

▼ ・・・診断結果・・・ ▼

ニュース別カテゴリー "危宿(玄武/げんぶ)"

3 件

2013年この世を去ったあの人の生まれた星は?

12月22日(日)配信: fs宿曜無料占い
写真:関連ニュース

2013年、今年も多くの人々がこの世去ってしまった。戦後の日本復興に尽力を尽くした人物や、業界を賑わせた方々、世界的著名人と様々だ。彼らの生きた時代とはどんなものだったのだろうか。そして本当に今、日本は復興したのだろうか。連日株価は上昇しているが、どこか重い空気を感じられずにはいられない。特に今年は環境の変化が目に見えた年でもあった。そんな彼らの功績、道のりは現代を生きる我々のヒントになるかもしれない。今回、2013年に亡くなった多くの著名人、有名人の中から気になる人物をピックアップさせて頂きました。

川上哲治
1920年3月23日火曜生まれの昴宿、干支は申(さる)
戦前、戦後を通じ巨人の選手として活躍し、監督としてはV9を達成した元プロ野球選手で元巨人軍監督。2013年10月28日、東京都稲城市内の病院で老衰のため死去。(享年93歳)

相澤秀禎
1930年1月20日月曜生まれの底宿、干支は午(うま)
大手芸能プロダクション「サンミュージック」の創始者で会長。
2013年5月23日午後10時27分、膵臓がんのため死去。(享年83歳)

夏八木勲
1939年12月25日月曜生まれの鬼宿、干支は卯(うさぎ)
映画「白昼の死角」「戦国自衛隊」などでの男くさい演技で知られ、名脇役としても活躍した俳優。
2013年5月11日午後3時22分、膵臓がんのため神奈川県内の自宅で死去。(享年73歳)

三國連太郎
1923年1月20日土曜生まれの壁宿、干支は亥(いのしし)
「飢餓海峡」「神々の深き欲望」など数々の映画で重厚な演技を見せ、「釣りバカ日誌」シリーズではコミカルな役柄で親しまれ、テレビドラマ、映画、様々なシーンで活躍した俳優。
2013年4月14日死去。(享年90歳)

マーガレット・サッチャー
1925年10月13日火曜生まれの翼宿、干支は丑(うし)
「鉄の女」と呼ばれ、国営企業の民営化などで内外の保守派に影響を与えた元英首相。2012年には「マーガレット・サッチャー_鉄の女の涙」のタイトルで映画化された。
2013年4月8日午前、脳卒中で死去。(享年87歳)

市川團十郎 12代
1946年8月6日火曜生まれの箕宿、干支は戌(いぬ)
江戸歌舞伎を代表する名門、市川團十郎家当主で、人気を博した歌舞伎俳優、12代目市川團十郎(本名堀越夏雄)。息子は市川海老蔵である。
2013年2月3日、肺炎のため死去。(享年66歳)

大鵬幸喜
1940年5月29日水曜生まれの壁宿、干支は辰(たつ)
「巨人・大鵬・卵焼き」の流行語で一世を風靡(ふうび)し大相撲で史上最多32回の優勝を達成した元48代横綱、終戦直後の復興から高度経済成長期の相撲黄金時代を支え、1961年(昭和36年)に揃って横綱に推挙、「柏鵬(はくほう)時代」と言われる黄金時代を築いた。
2013年1月19日午後、心室頻拍のため、東京都内の病院で死去した。(享年72歳)

大島渚
1932年3月31日木曜生まれの危宿、干支は申(さる)
映画監督。「愛のコリーダ」「戦場のメリークリスマス」など革新的な作品で知られ、海外でも高く評価された映画監督であり脚本家でもある。激情型の性格で時折メディアを騒がせた。
2013年1月15日午後3時25分、肺炎のため神奈川県藤沢市の病院で死去。(享年80歳)

山内溥
1927年11月7日月曜生まれの昴宿、干支は卯(うさぎ)
任天堂前社長で、22歳で社長就任し同社を世界的なゲーム機メーカーに育てた。83年に発売した家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」が大ヒット。「スーパーマリオブラザーズ」などの人気ソフトも生み出し、任天堂を世界企業に育て上げた。
2013年9月19日、肺炎のため京都市内の病院で死去。(享年85歳)

島倉千代子
1938年3月30日水曜生まれの婁宿、干支は寅(とら)
「東京だョおっ母さん」「人生いろいろ」などのヒット曲で知られ、戦後の歌謡界に大きな足跡を残した女性歌手。
2013年11月8日、肝臓がんのため死去。(享年75歳)

藤圭子
1951年7月5日木曜生まれの柳宿、干支は卯(うさぎ)
歌手、本名は阿部純子。藤さんは歌手の宇多田ヒカルさんの母親で、「圭子の夢は夜ひらく」などのヒット曲で知られる。
2013年8月22日朝、東京都新宿区西新宿のマンション敷地内で倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが死亡。自殺とみられている。(享年62歳)

山崎豊子
1924年11月3日月曜生まれの危宿、干支は子(ねずみ)
大学病院の現実を描いた「白い巨塔」や日本航空社内の腐敗や航空機事故を扱った「沈まぬ太陽」など、巨大組織の暗部や戦争のむごさを浮き彫りにする長編小説を書き続けた直木賞作家。
2013年9月29日未明、死去。(享年88歳)

山口仙二
1930年10月3日金曜生まれの室宿、干支は午(うま)
戦後、長崎で被爆者救済の先頭に立った日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で元代表委員。1982年に米ニューヨークでの国連軍縮特別総会で、被爆者として初めて国連本部の演壇に立ち、「ノーモア・ウォー、ノーモア・ヒバクシャ」と訴え、国際社会に強烈な印象を与えた。
2013年7月6日、肺炎のため死去。(享年82歳)

アマー G.ボーズ
1929年11月2日土曜生まれの尾宿、干支は巳(へび)
ボーズ氏は1929年生まれ。1964年にボーズを設立、米国の音響機器メーカー、ボーズの創業者。
2013年7月12日死去。(享年83歳)

天田昭次
1927年年8月4日木曜生まれの房宿、干支は卯(うさぎ)
刀匠、人間国宝。独自に研究した「自家製鉄」を用いて鎌倉時代の鍛法伝承に努め、高い評価を得た。平成9年、人間国宝に認定された。2006年には秋篠宮悠仁親王殿下の御守刀を謹作。
2013年6月26日、肺炎のため死去。(享年85歳)

デービッド・フロスト
1939年4月7日金曜生まれの房宿、干支は卯(うさぎ)
77年に行われたニクソン元米大統領への単独インタビューで、ウォーターゲート事件について謝罪を引き出し、世界的に有名に。このインタビューは2008年に「フロスト×ニクソン」の題名で映画化された。
2013年8月31日、乗船中のクルーズ船で死去した。死因は心臓発作とみられる。(享年74歳)

吉田昌郎
1955年2月17日木曜生まれの女宿、干支は未(ひつじ)
東京電力福島第1原発事故の収束作業を指揮した東電社員で、福島原発の元所長。事故後、抗癌剤治療を経て、2012年に食道切除術を受けた。治療の傍ら、事故の回想録の執筆を行なっていたが、2013年7月8日の深夜に容態が悪化。放射能により癌の成長が急速に早まったとみられる。
2013年7月9日に食道がんのため死去。(享年58歳)

ネルソン・マンデラ
1918年7月18日木曜生まれの心宿、干支は午(うま)
南アフリカで白人が黒人を差別したアパルトヘイト(人種隔離)と闘い、1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受け27年間に及ぶ獄中生活を迎える。釈放後もアパルトヘイト撤廃に尽力し、同国初の黒人大統領となったノーベル平和賞受賞者。
2013年12月5日夜(日本時間6日朝)、ヨハネスブルクの自宅で死去。(享年95歳)

※順不同

―現代を生きる人々は、あなた方のようにタフで強く、苦境に耐えられるような人間になっているでしょうか。激動の時代を生きた人々からは、そんな底知れぬのタフさを感じてしまう。だが現代にそのタフさは必要ないのかもしれない。しかし激動の時代というのは何の前触れもなく突如としてやってくるのです。強さ、タフさとは何なのか…何が起こっても、ただ笑っているだけなのか…、それは見栄や強がりではない。虚勢を張って生きる事でもない。
心の強さとは、物事に立ち向かった数に比例して、一本の筋が背中を通っていくもの。女性に関して言えば「好きな相手に真っ直ぐ向き合う。」これも一つの強さ。現代日本は、その強さがない故に、様々な社会問題環境問題を抱えています。2014年以降、自己責任の伴う問題がいくつも浮上するでしょう。しかし、彼らが強く生きた姿は我々の財産。この世の中、亡くなった命すらも無駄にはしたくない。

2013年亡くなられた全ての方々に、ご冥福をお祈りいたします。

元日本代表・奥大介が妻、佐伯日菜子にDV?二人の関係は?|觜宿+危宿

6月10日(月)配信: fs宿曜無料占い
写真:関連ニュース
25b524326月7日、関係者の話から妻で女優の佐伯日菜子さん(36)がサッカー元日本代表MF奥大介容疑者(37)から8年間にわたりドメスティックバイオレンス(DV)を受けていた事がわかった。妻、佐伯の親しい友人によると奥容疑者のDVが日常化したのは結婚から3年たった2005年ごろからだという。奥容疑者は妻、佐伯に対して「お前なんか大した女優でもないくせに」「誰のおかげでメシが食えていると思っているんだ」などの言葉のDVを含め暴行におよぶ事もあったそうだ。事実関係はいまだ不明だが、奥容疑者が佐伯さんを田んぼへ突き飛ばしたところも友人らによって目撃されている。また「お前、浮気しているだろう」となどと言って、佐伯さんの携帯電話を壊したという話もある。そんな中、佐伯は「仕事をすれば文句をつけ、邪魔をされてしまう。この状態では仕事ができない」と周囲に悩みを打ち明けていたそうだ。4日、佐伯はに戸塚署に被害届を提出し、DVを受けた際の録音テープやけがの診断書も用意していた。奥容疑者は「仕事がなくなり、精神的にも参ってしまっている奥を佐伯さんが介護するような状態になっていた」と関係者が明かした。
この二人の関係が、いかなるものなのか、いまだ真相はわからないが、宿曜を通して、彼らの星を見ていきたい。

―このニュースを宿曜から見る!―
奥大介は、1976年2月7日土曜生まれの觜宿、干支は辰(たつ)

理論派の星、それが觜宿だ。弁舌と口先、頭を使って財を築いていくタイプであり、しゃべらせらよく口は回るだろう。知慮で機知巧みな人であり、流れるような口調が魅力的の一つです。人を魅了させる話術に長けています。性格は礼儀正しく実直であり計算高い面がうかがえます。觜宿は一国一城の主として独立するほうが有利でサラリーマンは向かない星だ。しかしながら大将星になれないのが難点で、部下の責任をとるような器の大きさはない。あくまでも一匹オオカミの星であり、人柄も独善的である。徳行高く、慎み深く、礼儀正しい道徳家にも見受けられる。この星の人は、とかく他人が馬鹿に見え、尊大になって敵を作りやすく、人間的な面白味に欠けがちで敬遠されることがあるので、謙虚になるのが肝心だ。觜宿の人をタイプ別に見ると、闘志型教祖型ワンマン型の三つに分けることができる。内面は一貫して慎重で用心深く、すべて計算で事を運んでいきます。ハメを外すようなことはないだろう。そのため我慢強い性格なのだが、酒席では最も注意が必要で、心に溜まっていた鬱憤を吐き出し、人生を棒に振ってしまうトラブルに繋がる事も。こうした性格から孤独な星としての傾向が強く、觜宿の冗舌は、その孤独、寂しさから逃れようとする為に、力を発揮していると考えられる。根は寂しがり屋なのだが、人から自分がどう見えるのかを気にするあまり、みんなの和の中になかなか入っていけないタイプである。また觜宿の土曜生まれ大富豪になると言われている。確かに奥大介は、その座まで上り詰めた人物ではあるが、今回の報道が事実なら非常に残念でならない。

一方で妻の佐伯日菜子はどうだろうか?

佐伯日菜子は、1977年2月16日水曜生まれの危宿、干支は巳(へび)

現実の行動より夢や幻想の世界を好む夢想家タイプであり精神の自由を何よりも尊重する星だ。清廉潔白で、一本調子、悪く言えば「単細胞型人間」にあたる。短気で、おっちょこちょいであり理性よりも感情の星で、短気な人も多いだろう。時々カーッときて手のつけられないように怒ったり怒鳴ったりする人も多く、しかし夕立が去ったように次の日にはケロッとしている。だが根は悪人ではない。初めもなく終わりもなく、締めくくりがないため、他人から見ると義理に欠けるように思われ、それが損をする事も。女性も気ままで、気分屋で、喜怒哀楽は激しく、「女心と秋の空」を地でいくほうだ。乾いてクールな気質を持つ女性が多い。恋愛でも熱しやすく冷めやすく、男性に捨てられたりするとカーッとなって相手を殺したり、自殺したりする人もいる。クールでプライドが高くて婚期を逸する人もいるが一般には早熟である。しかし早い結婚は破れがちでむしろ再婚のほうが幸運をつかめる傾向にあります。

そんな二人の相性は…?

栄親の中距離!これはこの「宿曜占星術」上において最も良い相性だが、狭き門なので異性関係では実例は少ないと言われている。この関係は、互いに壁がない為、礼儀を欠いたり、プライベートな問題まで首をつっこむことになります。その為、互いにレベルUPできる関係で双方に繁栄をもたらす間柄です。觜宿と危宿の栄親関係の場合、互いにエンジョイライフを築ける相性であり、気性の激しい危宿の性格を觜宿が落ち着かせてくれる関係にあります。この2つの宿の場合、性質が全く違う宿同士の為、一つのカルマで言えば、危宿(佐伯)は觜宿(奥)から感情コントロールを学び、觜宿(奥)は危宿(佐伯)から感情の解放を学ぶ関係性になる。今回のDVに関する一連の報道を見る限り、互いの学びの関係性がとても強く作用したように感じる。

宇多田ヒカル!ラジオ放送延期…?それだけでも存在感あり|婁宿(白虎/びゃっこ)

5月22日(水)配信: fs宿曜無料占い
写真:CM
20100810154122_0宇多田ヒカル(30)が、21日に予定されていたInterFM「KUMA POWER HOUR with Utada Hikaru」(毎月第3火曜後10・00)の第2回放送(Episode2)のラジオ放送が延期となった事が、ホームページ上で発表された。これだけでニュースになるとは、さすが宇多田ヒカル!延期となった理由は扁桃腺炎を患ったためとの事だ。宇多田にとっては13年ぶりのラジオのレギュラー番組だっただけにファンも宇多田も残念に思っているではないだろうか。最近、大人っぽくなったとファンから感想が寄せられている宇多田だが、彼女の人間性、スター性、カリスマ性は、どんな星から影響を受けているのだろうか。

―このニュースを宿曜から見る!―
宇多田ヒカルは、1983年1月19日水曜生まれの婁宿、干支は亥(いのしし)

天来のタレント性!婁宿は、西方七宿、白虎(びゃっこ)にあたる位置にあり、物事をこなす事が速い『急速宿』に属しています。大衆受けする星であり、庶民の心を捉える身に備わった特殊な才能があるのだ。巧まざる天来の演技者といえる。商売のうまさにかけては、角宿とともに双璧といえるだろう。婁宿の場合、緻密に計算しながら発展させるというよりも、計算を度外視した独特のアイディア、カン、センスで勝負し、それが一般大衆に受けるのだ。隣りの奎宿が貴族星なら、これは庶民の星だ。何をしても大衆にウケ、愛されるという点は得している。独特の感性を持っている星であり、とても才能豊かです。また批判精神が旺盛な事も特徴で、負けず嫌い、猪突猛進、弾丸のように走り抜ける精神力があり、時に周りが見えなくなる事が多い。その為、心を無心にする気功や禅の世界などに興味を抱く人が多く、熱い情熱を律する環境が必要である。だいたいがワンマンで理屈屋。人のやった事は、どうも気に入らないという性分で、何かひとこと言わないと気が済まない性格だ。ナルシスト性の強い婁宿は「自分は特殊な存在」として位置づけられる事を重視して生きているのだ。しかし、高飛車ではなくツンとしているわけではない。変わり者も多く、根はお人好しで善良だが、自分の仕事とか商売のこととなると、人情もドライに割り切るという、やや冷酷でクールな一面もあるだろう。ただ、気は小さく、器も大きくないため、余程の実力と才能がないと大将星にはなれない。女性の場合、さっぱりとした男っぽい気質がある。性格も淡白で、情味に乏しいというか、クールで乾いた感じだ。気性は強く、頭もよく、理屈っぽい才女が多いだろう。晩婚または独身の運勢があり、自ら結婚を拒否するところもある。いわゆる「男嫌い」の星かもしれない。
宇多田ヒカルは、本調子に戻る事ができるのだろうか。彼女の体調も心配だが、それよりも精神的体力の方が心配である。まだまだ彼女から目が離せない。

ちなみに離婚した紀里谷和明

1968年4月20日土曜生まれの危宿、干支は猿(さる)
写真:公式プロフィール
483999_320369218055456_1252543142_n
危宿は、自由の精神を愛する知的な星であり、知的思考はとても強く、精神の自由を何よりも尊重する為、現実の行動より夢や幻想の世界を好む夢想家タイプだ。尚、土曜の夜に生まれた危宿は、必ず高貴の位に達すると言われている。そんな紀里谷和明も土曜生まれである。