Menu

fs宿曜占星術+news【fs-astrology】相性も運勢も恋愛も無料で占う

性格占いから運勢・相性・恋愛全て占う

/ /

ここに診断リンクが出ます

自然界からのメッセージ~自粛から自然と調和する道へ


20年5月10日(日)配信: fs宿曜無料占い


画像引用元:関連ニュース

緊急事態宣言から約1か月、皆さまいかがお過ごしでしょうか。自粛でお疲れの方もいらっしゃると思われます。ですが感じていらっしゃるストレスも見方を変えれば別のものへ転換することもできます。

前回は社会の大転換期についてご紹介させていただきましたが、今回は、自然界からのメッセージ、そして私たちはどのような生き方をすれば良いのか、社会的背景を考察しつつお話できればと思います。

前回の記事
≫2020年からは大きな時代の転換期、これまでとは違った社会への変化と適応


私たちはどうすれば?
まず「自然界」と聞いてどのように考え・感じていらっしゃるでしょうか。身近にある存在、当たり前の存在、尊い存在、様々な感じ方があると思われます。
前回の記事でもご紹介しましたが、今回(新型コロナウイルスの問題)はあくまでも自然界からの警告でございます。ですので致死率はさほど高くありませんが、自然界が本気を出せばこれだけの感染力を持つウイルスを蔓延することが可能であるという点。そして、人の営みは自然界あってのことである。そのようなメッセージを受け取ることができます。
他の星々を見渡してもこれだけ生命に溢れた星(地球)はそうそうにございません。
今、その地球の破壊者が「人間」となってしまいました。

2019年までのいわゆる社会的成功者という方々は厳しい言い方になりますが、これからの時代、必要とされてきません。この点は断言致します。
乗り切る、勝ち抜くなどのメッセージは人間界における欲の成功者のお話にございます、自然界にとっては自然の摂理を壊す者として見ております。
スポーツ界においても「逆境に立ち向かう」という姿勢は多くの人々の背中を押してきました。しかしこれからの歩みは、勝ち抜く・立ち向かうという「自然に歯向かう姿勢」ではなく自然に寄り添う、合わせるという生き方にしてシフトして行かなければなりません。
それが理解できるまでにもうしばらくかかると思われますが、理解させるために自然界が強硬な手段を取る可能性もございます。スピリチュアルなお話になりますが、神々は輪廻転生可能な恵まれた星「地球」を守る事に必死でございます。それだけ今の地球は危機的な状態にあるということでございます。暦の変化に伴う変化もございますが、変化の度合いは過去にどのような動きをとってきたかによります。
環境への配慮が十分だったならば、ここまでの暗転は起こっておりません。以前からお話しておりますが、アマゾンの森林破壊も日本は加害者となります。「日本はゴミを分別しているから大丈夫」という考えは大間違いでございます。何を消費しているのか?という根本を注視して欲しい。

自然に歯向かうのではなく、自然に合わせるという意識へシフトできればまた別の形で社会が繁栄して参ります。
今現在の私たちが日々多くのストレスを感じるのは、人間側の都合で生きていることに原因がございます。
自然界側の立場、気持ちになって考えれば私たちの生き方、選択も変わるはずです。
我慢ではなく、我を通すのではなく、前向きな気持ちで「自然に合わせる」ということを学ばなければなりません。
一日中自宅で過ごしていても、身の回りで使っている物質を創造力を持って見渡してみてください。その物質はどこから運ばれ加工され、あなたの元に届いているでしょうか。そしてどのように維持されているでしょうか。
洗い物をされる時の洗剤は自然にどのような影響を与えているでしょうか。便利さを求め環境を汚染し、汚染した環境を掃除する。これは負のスパイラル以外の何物でもございません。
そんな中でも環境に配慮した商品を選んでいる方々もおられると思います。ですが、少数の方々が改善して何も変わらない・変わらなかったのが2019年までになります。


環境問題はどのような変化が?
この新型コロナウイルス問題の中、現在の環境問題はどうなっているでしょうか。

・大気汚染の原因となる二酸化窒素の平均値は、世界保健機関(WHO)及び欧州連合(EU)によって設定された制限の40%に達する。
・PM 2.5の濃度が40%減少(公衆衛生の専門家による)
・インド北部では200キロ近く離れたヒマラヤ山脈が数十年ぶりに見晴らせるようになる。

ネット上で検索した改善結果になりますが、たった数か月私たちの行動が制限されたことでこれだけの環境改善が起こりました。
今地球という星は、少しづつですが自己修復・自己再生をはじめています。
社会的流れを見ておりますと「2019年までの私たちに戻ろう」という動きが出ておりますが、これ以上自然界を試すような行為、無視した行為は逆に私たちの首を絞める結果になりかねません。自然災害も益々酷くなるでしょう。


自然界からのメッセージ
自然界からは地殻変動とは別に人々への様々なメッセージがございます。
雨・風・地震・火山・台風などの多くは人が営みを継続する上で「地に足付けなさい」「絆を作りなさい」「環境を大切にしなさい」など人々の精神を復興させるための間接的なメッセージもございます。
ですが、ウイルス問題に関して言えば、これは自然界からの人間排除でございます。これはもっとも起きて欲しくなかった現象でございます。今は警告で済んでおりますが人間排除に踏み切った場合、容赦ない致死率に跳ね上がって参ります。大変心苦しい限りですが、この点は明確にお伝え致します。

自然界は邪なるもの魔なるものを返し、人口削減に向かう者たちに力を貸すこともあると聞いております。
邪なるもの魔なるものとはこの世の破滅を望む魔物たちにございます。
本来自然界は人々を愛し、守り、様々な困難に力を与えてくれていました。神社でお参りをする時、夢の中、苦境からヒントを得た時、様々な場面で「見えない力の存在」を感じているはずでございます。それが邪なるもの魔なるものにまで力を借りるということは、自然界がそこまで追い込まれているということでございます。そこまで追い込んでしまった要因は説明するまでもありませんが、今、本当に自然界は苦しんでおり・苦しんできました。

2011年に行われたサッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会では決勝相手国である米国のGKホープ・ソロは同国代表チームのウェブサイトで「何か大きな力が日本を味方していたと感じた」と述べておりましたが、
もちろん目に見えた現象ではないため、その「大きな力」を説明することは難しいのですが、この時期は3.11直後であり日本全体が重たい空気に沈んでおりました。
日本は元々、神々からとても愛されている国でございました。日本での新型コロナウイルスによる死亡者数が他国に比べきわめて低いのは日本という場所がまだ神々から守られているからなのではないかと感じております。
それは今の日本人民が崇高だからではございません。世界を正しく導けるかもしれないという神々からのわずかな期待、わずかな可能性にございます。

日本は、四季に恵まれ、山々・海があり、農作物は豊かに育ち、様々な動植物・生物が生息し、とても恵まれた場所でございます。古くには神の意思を告げる巫女たちがおり全ての国民は平等に役割を与えられ国の安泰に貢献しておりました。
そこに欲・権力思想が持ち込まれたこと、欲・権力思想に飲まれたことで日本国は暗転の道へ進み始めました。
平等は互いの節度と配慮があって成り立つものにございますが、謝った平等が広まった背景には階級に憧れ、取り入れた事にございます。

時代の変化はいつの世も起こるものですが、失ってはいけないものもあることに気付いて欲しいのです。どんなに豊でも、どんなに貧しくとも、雑念を取り払った清らかな日本の心は正しい道へあなたを導いてくれるはずです。


今回の新型コロナウイルス問題で本当のあなたの姿が現れる。
それは暴言を吐いたり、暴れたりする人々のことだけではございません。他者に対する思いやり・配慮・距離感・節度・全てにおいて今あなたの本当の姿が表に出てくる時期にございます。
そして学びがあるのです。
トイレットペーパーやマスクの買占め、スーパーでの食品の買占め、これらの行為でも罪の意識を感じていらっしゃる方もいると思います。

ですが、罪を犯してしまう人の気持ち、精神状態を理解することができるようになった。とも言えるのです。
そうなってはじめて許し合う心が生まれ協力関係が作られる。
人を許すとは罪を許すことではござません。そうなってしまった経緯を理解することがとてもとても大事なのです。
困難な状況に陥れば誰しも化けの皮が剝がれます。極端な犯罪行為までいかなくとも他者への配慮が薄れ不快な思いをさせることもあるでしょう。
法律はあくまでも文書化できる極端な線引きにございます。最終的にはやはり人と人との繋がりの中から互いを高め合ってゆくことが大切なのです。


そしてもう一つ大事なことは、私たちは今、現実に戻されているということです。

今、あなた自身の中で「これまで楽しめた物事が楽しめなくなった」そんな心変わりは起きていないでしょうか。
社会生活や日常においても人の真の姿が現れはじめております。これは人間関係でも同じことが言えるでしょう。これはこれまでどれほど地に足が付いていなかったのかを知る良い機会でもございます。パーティーは終わりを迎え日に日に現実を見せられてまいりますが、気付きが遅ければ遅いほど状況は悪化してまいります。企業、組織、商品、サービス、人間関係、すべてにおいて本物でないものは淘汰されてゆきます。

今現在の自身の在り方で良いのか、自らを問う良い契機でもあるのです。何も今の生活にこだわる必要はありません。物価や家賃の低い地域は日本に多くあります。環境の変化に合わせて生活・生き方を変えるのも一つの手段でございます。
現在起きている新型コロナウイルスの問題は当面の間お付き合いすることになります。この点は誰も否定なされないのではないでしょうか。
新型コロナウイルスによってソーシャルディスタンス(社会的距離)を取らざる負えなくなり、強制的に節度を取り戻す形となりました。節度を失った2019年までの状態とは依存にあたります。人と人とが依存し、会社に依存し、社会に依存する。本来は依存ではなく調和でなければなりませんでした。
依存の最終的な犠牲者は自然界となるからです。その代償に様々な自然災害に見舞われております。異常気象もその一つでございます。
これは原始時代に戻りましょう。というお話ではございません。各自が自律することで自然界への悪循環は最小で済み、私たちに降りかかる負の連鎖も断ち切ることができるからです。テクノロジーの進歩によるペーパーレス化も良いことでしょう。

「依存から脱却し、調和へ進む」このことを心に収めて欲しい。
そして我慢や自粛という枷ではなく「自然と調和する」という前向きな前進を始めてみてください。

長文お読みいただきありがとうございました。
皆さまの健やかな日々をお祈り申し上げます。

2 件の投稿

  1. / 匿名希望
    全くその通りだと思います。ウイルスとの共生ではなく 限りある自然との共生ですね。
  2. / 匿名希望
    なるほど‼️納得しました❗️☺️

コメントを書く

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>