Menu

  • twitter|宿曜占星術|無料占い
  • Facebook|宿曜占星術|無料占い
  • 無料占い・診断|宿曜占星術「相性・運勢・恋・結婚・27宿」【fs-astrology】

    あなたの2017年の運勢は?

    / /

    ▼ ・・・診断結果・・・ ▼

    比嘉良丸vsロンバード…接点のない二人の共通する予言


    13年11月3日(日)配信: fs宿曜無料占い
    写真:関連ニュース

    img764top001_150411

    10月24日、沖縄の神人(カミンチュ)比嘉良丸氏が動画(祈りの和 こころのかけはし)で再び警告している。この動画で警告している内容は、全米No1サイキッカーとして知られるロンバード氏共通する予言が多く含まれている。言葉の表現や伝える時期は違えど、彼らの目的は共通しており、それは日本を含めた世界へ広がる自然災害、人工的災害、戦争、経済崩壊の回避だ。
    彼らの予言、警告は9割型一致しており、その項目は以下の通りだ

    ↓↓↓

    ・北朝鮮を含めた核兵器の使用(ミサイル発射)
    ・戦争(第三次世界大戦への突入)
    ・オバマ大統領の暗殺
    ・アメリカドル崩壊から来る経済の混乱
    ・株式市場の崩壊
    ・自然災害(噴火、地震)
    ・人工的災害(地震等)
    ・感染病、伝染病、細菌テロ、発癌の危険性

    そして比嘉良丸氏は「今、二つの分かれ目に来ております。分岐点に来ております。」と語っている。King of Psychicであるロンバード氏も「日本にはこの災害で二つの道が用意されている」と語っていた。
    実際のところ彼らの予言、警告を確かめる事は難しい。人は実証されていない物を信じる事ができないためだ。だが今、我々が立っている場所が、今後の行く末を決める分岐点ならば、悪い方に一歩、歩みだせば、手遅れである事は確かだ。
    彼らの発言を疑う前に、現在の日本、世界がどのような状態にあるのかを理解し、微力でも行動に移す価値はあるのではないだろうか。

    10月24日放送の動画内容はこちら
    (※動画の内容、かなり長いので要点を押さえて文書化・引用しております。)

    ↓↓↓

    動画引用元:祈りの和 こころのかけはし(撮影2013年10月25日)
    これまで何度かお伝えして参りましたが、台風とか暴風、そういうものは地震や噴火や政治経済の大きな清めとなる仕組みだということは、再三お伝えてしきました。
    日本海側に関しては、今も意図的(人為的)に自然の動きを利用して災害を起こそうとする流れがありまして、かなり警戒をしなければいけないということを強く言われております。

    それと同時に10月の2日、3日における関東の大震災と10月17,18,19にかけて、南海トラフから関東・東北までの連鎖伝導が起きるということで、回避先延ばしを含む、小難無難の御神事を必死に飛び回っておりました。

    これらの事につきましては、ご神事や皆さんの真心の祈りの力の後押しで災いが先送りにできたと私は感じて降ります。
    また単に当たるか当たらないかで興味でずっとブログを見ていた方もいるかと思います。それぞれの捉え方で結構でございます。

    20日の放送では私は今のオバマ大統領のことを少しお話をさせて頂きました。
    オバマ大統領に関しては、来年の1月15日辺りに暗殺計画があり、暗殺される可能性が高いという啓示を受けております。でも最近いろんな人の情報で、それはいろいろ知ってる方はいるかと思います。
    ただ私にその啓示が来たのは、かなり前の事です。

    オバマ大統領の暗殺計画では、就任した後にもう一度暗殺計画が立ち、その時には実行される可能性が凄く高い。一度目よりも二度目の方がかなり実行する確率が高い、ということを言われました。しかし、一度目のことは伝えても、二度目の暗殺計画のことは伏せて、ご神事の中で善い方向に進むように祈り行っていきなさいと言われました。
    啓示の内容によっては、ずっと伏せてご神事を行ったりもします。内容によっては妻にも伝えずに、ご神事を行っております。それは何故か。その災いが起きることによって、日本が乱れる、世界中の国が乱れ、本当に戦、第三次世界大戦まで一気に流れる可能性となる要因である事から、きちんとした時期を迎えるまで、自分に伝えられた啓示をぎりぎりまで伝えないという行動をとります。

    今から仕組み作りをしなければ、2014年の1月17日に暗殺をされ、その後世界に混乱が起きる流れが、起きてしまうと言われました。その暗殺した人達が、結局はテロという仕組みを作り、その年の3月22日にイタリア、ギリシャ、そしてイスラエル、その後アメリカ、中国辺りでテロが起きると伝えられております。ヨーロッパ(イタリア、ギリシャ)では小型核兵器が使われる。イスラエルでは爆弾テロと伝えられております。
    アメリカでは4ヶ所、東部、東海岸沿いと西海岸、そしてロサンゼルス、もう一つが、ルイジアナと伝えられております。
    そのアメリカ各所中国と2か国で、細菌テロが発生すると伝えられております。
    ただ、アメリカの方は感染病の広がりがすぐ沈静化になり、それがテロという事で発表されますが、同時期に中国と東南アジア、中国の内陸、北京周辺での感染病が広がって出て来ると伝えられております。こちらは逆に沈静化どころか、世界に広がっていく可能性が高いと伝えられています。中国で撒いた感染病の病原菌は、アメリカと同じものを撒いたはずですが、アメリカではうまく沈静化となり、世の中を混乱に向かわせたい存在の計画通りに事が進むのですが、中国では、その感染の広がり方、流れを、アメリカと少し変えたことによって、計画通りには運ばなくなると伝えられております。

    今までいろいろ病原菌の根元がありましたが、それが様々な動物に感染を経て広がり、人間に入った時には、アメリカで作られていたワクチンが、効かない状況になり、一気にそれが世界中に広がる。最終的にはアメリカにも広がってしまうという事が起きるというビジョンを見せられております。それは本当に戦争以上の脅威となるビジョンを見せられ、これは妻にも初めて言う話でございます。昨年あたりから毎日、寝ててもうなされて暴れてる原因は、本来はここにありました。これが中々、広がってゆく流れを押さえることができない状況にあるということでなのです。それが福建省ベトナムといった所へ行けと言われている経緯の一つです。
    あまりにも突拍子のない話をしてピンと来ない方もいれば、また大ホラ吹いたと思う方もいらっしゃるかと思います。

    もう一度言いますと、来年の年明けて1月17日にオバマ大統領の暗殺、そして3月22日から30日にかけて、イタリア、ギリシャ、そしてイスラエル、そして一日時間のズレがありますから間違ったら2日ズレるかもしれません。
    アメリカ、そして中国。22日、23日と言っても私の中では日本時間になってお話をしていますので、その地域の日にちが日本とは異なることになります。
    この3月の時期に日本が混乱の中にいるように、様々な事が起きると伝えられております。大きな自然災害が連鎖するということと、いくつか大きな臨界事故が起きる可能性が高いと伝えられております。
    それらは、意図的な行為によるもので、そして、今年のクリスマスから来年の1月にかけて、大きな経済ショックが起きる可能性があります。
    それと、12月に中国、北朝鮮、軍事、政治的にな挑発・圧力行動が起き、そこから日本の政治が一気に、国民の不安を煽るように政治が最悪の事態に大きく流れ、国民がその政治を指示する形に流れていくビジョンを見せられております。

    今言ってることを理解できないかもしれませんが、隣国からの脅威と今日本で生活の貧困の格差ができてるってことは、皆さん感じ、知っているはずです。それを皆さんは民主党の時代にできたと思ってるでしょうが、それは実際にはその前の自民党の時代にその格差が起きてしまいました。
    人材派遣という形で安く人を使う、使い捨てできるような形をとっていたのは、もう何十年もそういう流れが日本国内で起きております。

    今、少しのきっかけでそこへ国民を誘導し洗脳し、マインドコントロールし、戦争へと意識を向かわせる流れが、着々と進んでいると考えた方がいいかと思います。それを言うととんでもない不安を皆さんに伝えてると思われるかと思いますが、それが私に伝えられてくる啓示でございます。

    今回のアメリカの危機が来年の2月まで先送りが出来たと伝えられており、それにより世界の経済の混乱が、一応避けられました。ですが2月まで先送りしたのは、単なる先送りであり、解決ではございません。
    現実的行動を行ってゆかなければ、結局いずれは崩壊します。それは昔から、リーマンショックが起きる前から皆が騒いでいることでございます。ドルが紙切れになる、新しい通貨になるとか、ずっと言ってることです。それがだんだん現実化になろうとしてるということです。

    冷静に考えれば、経済に詳しい人達は判ることでございます。今回アメリカが新しく借金をするということは、多分赤字国債を発行するということになるでしょう。そうなったらアメリカの国債を中国が買ってくれるのか。多分買わないです。ヨーロッパも買うだけの余力がないはずです。イギリス、買わないと思います。中国はまして手を付けないでしょう。じゃあどこに来るか。日本に来るわけです。

    日本もこれだけの赤字国債をし、実際には大変な赤字運営をしている中で、アメリカの大量の国債を多分買わされることに、本当になるでしょう。どこから、その資金を持ってくるのか。多分簡保のお金やいろんなものが使われると思います。

    今日お伝えさせて頂きましたが、本当に今、世の中ではいろんな動きが、見えない所で動いております。自然災害、感染病も、政治経済の中から戦争へ行く流れも、一気に流れれば止めようのない状況が目先にあります。本当に何かが一つボンと起きれば、一気にすべてが連鎖伝導し、最終的には第三次世界大戦、そして感染病の広がりで、とんでもない地球の環境破壊を生んでしまい、本当に一気に全ての生命の絶滅につながる流れが、ちょっとした先に見え隠れしていることを皆さんには真剣に理解して受け止めて頂いて、今何かをしなければとんでもない世の中、そこには未来がない、その先には本当に未来がない、本当に命がない、生命がない世界があるということに気付いていただきたいのです。それと同時に、今動けば、一生にわたりすべての命が自然の中で育み、共に共存し、そして生きる喜びに満ち溢れた地球、そして宇宙の真理があるのも事実なのです。今、二つの分かれ目に来ております。分岐点に来ております。

    1 件の投稿

    1. / 狛犬獬豸
      最近、ロンバード情報のアップが無くて寂しい・・・ インディアンに伝わるホワイトバッファローの伝説 http://ameblo.jp/inugami-hete/entry-11668432234.html 今、世界が分岐点に立たされ、選択を間違うと世界破滅になるらしい。 情報を提要するから、適当にアップしといて!

    コメントを書く

    Your email address will not be published.

    You may use these HTML tags and attributes:

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>