Menu

  • twitter|宿曜占星術|無料占い
  • Facebook|宿曜占星術|無料占い
  • 無料占い・診断|宿曜占星術「相性・運勢・恋・結婚・27宿」【fs-astrology】

    あなたの2017年の運勢は?

    / /

    ▼ ・・・診断結果・・・ ▼

    日本の防衛省は、米海兵隊の日本版を準備!

    352 views

    8月23日(金)配信: fs宿曜無料占い
    写真:関連ニュース
    aav7-3英語版朝日新聞(http://ajw.asahi.com/)より、日本の離島の保護を強化するため、防衛省は最終的に米海兵隊の日本版となる会計年度の次の予備力を設置した事を述べている。
    記事によると、外国軍に侵略された日本列島を取り戻すことを任務とし、九州·沖縄県を擁護を担当している陸上自衛隊の西部軍以下に配置されると伝えている。
    この動きは、中国が軍事費を拡大している事と北朝鮮の核・ミサイル開発などに対する、日本海上の必要処置と見れる。
    同省は今年度、また米海兵隊で使用されている4つのAAV-7(水陸両用強襲車両7)を、購入し、来年度にAAV-7の2バリアント型を購入する予定。
    AAV-7車両の予算要求に加えて、防衛省は米海兵隊で使用されるオスプレイ輸送機を自衛隊の早期取得のための研究費の大幅な増加を求めることを計画しているようだ。今年度の予算の研究費は、その目的のための8百万円であった。
    防衛省の予算要求に含まれている総額は4兆8900億円で前年度比約1400億円(2・9%)増となる。防衛予算は2年連続の増加している。
    増加の理由の一部は、円安による機器コストが上昇している事も考えられる。

    兼ねてから安倍政権(自民党)は、国防軍創設に意欲的であり、その勢いは強まる一方だ。こうした動きに反対の声も大きく、戦争を助長しているとの見解もある。しかし一方で武力行使の抑止力に繋がるとの声も大きい。国の平和を維持する為には平和を維持する力も当然必要になる。

    今の日本社会は、あらゆる点において「自立できない国」となってしまった。防衛問題に関わらず、食料自給率は39%(平成24年データ)、少子高齢化問題では、外国人の受け入れを考えざるおえない状況だ。

    いざ戦闘となった場合「アメリカに助けてもらえば良い」とした意見を多く耳にするが、戦争もビジネスと考えるギブアンドテイクの国が、利益のない戦いをするだろうか世界で起きている9割の戦争は資源争いであり、縄張り争いだ。
    これまで日本は、大量のお金でアメリカ軍を日本に配備させ国を守ってきた背景がある。しかし、これが続けられるのは、日本経済が潤っている時だけである。
    国の借金、少子高齢化を考えれば、お金で米兵を雇えるだけの予算に余裕はない。
    日本政府が国防軍創設に力を入れる世情も理解できる。今後、日本の国防軍は状況に応じて、その必要性を迫られるだろう。
    だが、その国防軍のポリシーや存在価値は、マスコミを含めた民度(国民性)に大きく左右される事を忘れてはならない。軍隊は戦争を食い止める為の存在でなければならないからだ。

    コメントを書く

    Your email address will not be published.

    You may use these HTML tags and attributes:

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>