Menu

宿曜占星術【fs-astrology】相性も運勢も恋愛も無料で占う

宿曜|基本占いから運勢・相性・恋愛全て占う

/ /

▼ ・・・診断結果・・・ ▼

橋下市長!慰安婦問題発言(建前は止めた方が良い!)|箕宿(青竜/せいりゅう)


5月14日(火)配信: fs宿曜無料占い
写真:ツイッター
a大阪市の橋下徹市長(日本維新の会共同代表)が、従軍慰安婦の制度について「必要なのは誰だって分かる」米軍司令官には「もっと風俗業を活用してほしい」と述べたことが波紋を広げている。これに関して2013年5月14日朝ツイッターを20回以上にわたって更新して釈明した。
米国が公娼制度を認めていないことについて「だいたい、アメリカはずるい」「建前は禁止でも、軍人の性的欲求が0になるわけがなない」などと主張。

■「日本が不当な侮辱を受けないために言うべきことは言わなければ」

橋下市長は、過去の日本の侵略行為や植民地政策については「反省とお詫び」が必要だと強調。その上で、こう語った。
「当時が良かったからと言って、今の時代で全て正当化されるものではないのは当たり前」
「人間に、特に男に、性的な欲求を解消する策が必要なことは厳然たる事実。現代社会では、それは夫婦間で、また恋人間で解消することが原則になっているが、時代時代に応じて、様々な解消策が存在した。日本以外においても軍人性的欲求不満解消策にいわゆる慰安婦が活用されていたのは事実」
と主張を繰り返した。
朝鮮半島出身の元慰安婦の女性に対しては、「日韓の間で法的な賠償問題は解決済みだからと言って、紋切り型の役所的な言葉を慰安婦の方にぶつけるのは政治家の態度振る舞いではない。法的な問題は解決済みであっても、言葉のかけ方、接し方は別だ」
と一定の配慮を見せた。

「ただ国を挙げて韓国女性を拉致して強制的に売春させた事実の証拠がないことも、厳然たる事実。世界が誤解しているなら、日本が不当な侮辱を受けないために言うべきことは言わなければならない」
事実関係を国外に説明すべきだと考えを強調した。

続けてこう話した「だいたい、アメリカはずるい。アメリカは一貫して、公娼制度を否定する。現在もそうだ」
「しかし米軍基地の周囲で風俗業が盛んだったことも歴史の事実。占領に合わせて日本政府が特殊慰安施設協会を設けたがGHQは禁止令。しかし、私業の街昌(原文ママ)が横行した。建前は禁止でも、軍人の性的欲求が0になるわけがなない。何らかの解消策を真正面から考えないといけない」と主張。

■一方で、米国防総省の報道担当者が朝日新聞に対して、「我々の方針や価値観、法律に反する。いかなる問題であれ、買春によって解決しようなどとは考えていない。ばかげている」

橋下市長発言を批判したとされることに関しては、「僕は、法律上認められている風俗業を活用しろと言ったんだ。建前は止めた方が良いと」
「米軍は、法律上認められている風俗業にも、出入り禁止としているらしい。出入り禁止としても、軍人の性的欲求が0になるわけではない。風俗業を活用したからと言って、沖縄での米兵の性的事件が収まるかは分からない。因果関係については立証はない。ただ、建前論は止めてくれと」

と反論したのだ。

加えて「日本をはじめ完全なる職業選択の自由がある国で、法律上認められた風俗業を否定するのか」とした。

この一連の流れに対して、ユーザーからは、『「ただ国を挙げて韓国女性を拉致して強制的に売春させた事実の証拠がないことも、厳然たる事実。世界が誤解しているなら、日本が不当な侮辱を受けないために言うべきことは言わなければならない」この点だけを重点に話すべき!』
との声が大きいようだ。

常日頃から言いたい事を堂々と言う橋下氏だが、今回もバッサリとした発言で周囲を賑わせている。
そんな橋下氏は、どんな宿に影響を受けているだろうか?

―このニュースを宿曜から見る!―

橋下徹は、1969年6月29日日曜生まれの箕宿、干支は酉(とり)
思わず納得!箕宿でした!
箕宿は戦いの神に支配されていて、行動は荒く自由奔放に生きることを好みます。少々飽きっぽく、喧嘩っ早い性格で度胸はいいし、自分の信じていることに対してはなりふりかまわず、言いたいことはずばずば言って突進していく。
まさに橋下氏そのものだ。
根はおおらかで細かい事にはこだわらない。屈託の無い笑顔が魅力で、創造的な感性も持ち合わせている。策略的なことはあまり好まず、獲物を追うにも一本調子だ。
箕宿は一種のヤクザ星、親分星でもある。知性とか教養がないと、傷害事件など、とんでもない事件を起こしたりもする。
大酒のみで女好き、亭主関白といわれるタイプによく見かけ、女と酒で失敗するケースもしばしば。

中村獅童、中居正広、玉木宏、矢部浩之、河村たかし、なども箕宿である。

何しろ働くことが好きな星で、死ぬまで働くだろう。しかし何をするにしても、短気と粗暴な行動、それに口に毒があるのでその点を控えめにするのが大切だ。また、自分ほど偉いものはないといった慢心や、何でも知ったかぶりをするという悪い癖があるために、意外に進歩がないのも欠点だ。
橋下氏の場合、弁護士という経験が少しは良い方向に働いてくれているのかもしれないが…やはり荒い性格は箕宿そのものである-笑


コメントを書く

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください