Menu

  • twitter|宿曜占星術|無料占い
  • Facebook|宿曜占星術|無料占い
  • 無料占い・診断|宿曜占星術「相性・運勢・恋・結婚・27宿」【fs-astrology】

    あなたの2017年の運勢は?

    / /

    ▼ ・・・診断結果・・・ ▼

    滝裕可里!超天然?(浜ちゃんが!)にゲスト出演!|鬼宿(朱雀/すざく)

    400 views

    6月6日(木)配信: fs宿曜無料占い
    写真:CM
    smile6月6日(木)日本テレビ系列「浜ちゃんが!」にゲスト出演した滝裕可里だが、超天然・奇想天外ぶりを披露した。現在大阪在住の滝は、休日の大半を自宅である実家で過ごすそうで、プライベートのファッションなどは、大阪、梅田のルクアのみで購入するそうだ。しかしインドア派の彼女には、それなりの理由があったようだ。毎日、地上波のドラマを全て録画してるそうで、録画機のハードディスクは、なんと2TBもあり、昼ドラまでも録画して見るそうだ。ドロドロしたドラマが好きなようで、映画では007などのアクション好きである事も明かした。アクション映画を見終わると、そのアクションに感化されるらしく、番組中、誰も進めていないなか、勝手にスパイ風の演技をコミカルに実演していた。浜ちゃんもかなりの天然ぶりに困惑していた様子だったが、なんとも自由奔放な彼女の動きは一つの魅力にも感じる。また滝裕可里は、大のイルカ好きらしく、どうしてもイルカと働きたく、イルカの調教師になる為に18歳の時、和歌山アドベンチャーワードに就職活動したようだが、先方の面接官からは、芸能との両立は無理!と断られたそうだ。そりゃそうだ…と言いたくなる場面であったが、なんとも憎めない可愛らしい滝に浜ちゃんも終始笑うしかない状況であった。番組後半では、そんな滝の為に、水族館へ行く事に。滝とキム兄でイルカのトレーナー体験う事となり、番組そっちのけで滝は大はしゃぎしていた。やはり女優というだけあって、彼女の天然っぷりは、演技?なのかもしれない。早速彼女の宿曜を見ていきたい。

    ―このニュースを宿曜から見る!―
    滝裕可里は、1987年10月14日水曜生まれの鬼宿、干支は卯(うさぎ)

    THE自由人の鬼宿!彼女の天然っぷりは、演技ではなかったようです・・・鬼宿は、身の動きが軽く、変わり目の速いのが特徴。放浪性があり、1人で旅に出るのが好きな星だ。好奇心旺盛で休むことを知らず、他から見ると気まぐれで、いつも軌道を外れてめまぐるしく動いているように見えるだろう。しかし本人は真剣なのだ。束縛される事を何よりも嫌い、個人行動する星である。近い人物で言えば4月1日付でニューヨーク支局へ転勤となったテレビ東京アナウンサー大江麻理子も鬼宿にあたる。

    高木美保、ともさかりえ、りょう、鈴木保奈美、富田靖子、島谷ひとみ、ミラ・ジョヴォヴィッチなども鬼宿女性だ。

    教養とか技術がないと、軌道を外れっぱなしで、どこに飛んでいくかわからず、住むところも定まらぬフーテンになりかねないが、なかなか大物の出る宿星だ。頭領運もある。外見からは見定めがたいが意外と計算高い。また内面は健全な精神の持ち主でフロンティアの精神が高く、新しい道を切り開いていくタイプで、何よりも発明発見の才があります。女性の場合、身のこなしは軽やかで、悪く言えば「尻軽女」。世間知らずの箱入り娘なのに、生き方は自由奔放というタイプが多いだろう。いつまでも結婚せずふらふらとしているようなタイプもいるが、この星の人に関しては深刻型は少ない。勝負運、財運、地位運、ツキ運と運勢の強い星で、体も丈夫で、労せずして金の入るという恵まれた運勢の持ち主だ。霊感的な感覚、直観力を持ち合わせおり、順応性は極めて高い。ただ、うっかり軌道を外すと、つまらぬ男性に引っかかったりする危険性もあるので、用心が必要だろう。鬼宿女性の、あっけらかんと太陽に向かって笑顔を放つ姿は、とても印象的である。滝裕可里は今後、バライティーでの活躍も増えそうだ。

    1 件の投稿

    1. / この子いい!
      昨日、この番組見たけど、この子とてもいいです! 大江アナと同じ宿とは、どこかうなずける

    コメントを書く

    Your email address will not be published.

    You may use these HTML tags and attributes:

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>