▼成・危の相性


まったく異質な宿同士でお互いにない持ち味があって惹かれあう相性。基本的に親しみを感じるレベルまで行きません。お互いの役割をはっきり分かれて尊重し合う、相互依存の関係ならば面白い組み合わせとなります。
ベースである性格や好みは全く違う組み合わせですが、とても気が合います。「友人星」と呼ばれているだけあって、最初は男女の関係を超えて、悩み事を相談しあえる友達になることが多いようです。
居心地はいいのですが、そんな二人が恋人になり、さらに結婚へと発展していく過程は容易ではありません。

● 異質なもの同士が惹かれあう相性。そのために無理に相手にあわせようとはせずに、自分らしく振る舞っていれば良い。
● ライバル関係、師弟関係、ビジネスの取引相手などがこの関係だとうまくいく。
● 一般的に「成」の人が有利な立場であり、「危」の人は相手が優位な立場にあると見る。
● この関係に当たる人と結婚すると、お互いに干渉しあわないので淡白な関係となり、外に異性ができやすいので注意が必要。


■遠距離の男女

遠距離の相手とは、思いもかけない偶然のきっかけで巡り合う相性であり、その時には友情・同情・愛情が芽生え、付き合っていくことになる。ただし、縁は非常に薄いのでこのようなことは稀である。
やはり異質のものが結びつくという「友人星」ではありますが、何かの拍子にフッと結びつくことがあります。育ちや境遇、教養などがまるで違うカップルによく見かけるケースです。
しかし、最も良い相性と真反対にある遠距離の成危は、出会うと急激に吸引力を発揮して、男女の恋愛では一気に燃え上がっていくことが多い。異質な者同士なので熱が冷めたらキッパリと別れてしまうこともあります。少し時間を置いて相手を良く知ってから物事を推し進めた方が良いでしょう。


※このページから入られた方は、下記リンクからお入りください。
宿曜占星術 夢占い ロンバードの予言



無断転載を禁じます。
Copyright (C) fs-astrology All Rights Reserved.