戻る

▼安・壊の相性


最も気を付けなければいけない相性が「安壊」の相性です。
「安」の何気ない仕草、言動が「壊」の人には非常に重圧として圧しかかります。お互いに破壊作用が働いた場合、憎しみ合いにまで発展するケースもあります。
「安壊」の関係で商売を始めても運のアンバランスから失敗する可能性が高いでしょう。しかし近距離の場合、犬猿の仲のように親友同士のケースもあり、名コンビになるケースもあります。お互い自立した関係ならば問題ありません。

また、熱しやすく冷めやすいカップルの典型が安壊の相性です。どうしようもなく魅かれあい合いながらも、運命に翻弄されるという因縁から離れられません。一時的には燃え上がる二人ですが、その関係が一度たたれると、憎しみあって別れることも少なくないでしょう。二人の関係は、前世における深い因縁がもたらすもの。現世で生じた縁は、星によって破壊する星と破壊される星に別れます。
いろいろと歯車が合わなくなってくることも増えてくるでしょうが、決して悲観することはなく、破壊星の関係ということを自覚することこそ、トラブルに対処する第一歩といえるでしょう。さらに争いごとなどは、意識して避けていくことが大切です。
しかし師弟関係だと上手くいくケースがあります。これは師が「安」の場合です。
全てにおいて悪い相性ではなく、安壊の関係と絡むと人間的に大きく成長できる相性と考えても良いです。

● 名前の通り「安壊星」であり、もっとも注意を要する相性だ。この関係に当たる人との間では、普段隠れている心の闇の部分からその人の持ついわゆる「業」の部分が出てくるために、争いとなると泥沼になりかねない。
● 基本的には、「安」にあたる人が滅ぼし、「壊」にあたる人は滅ぼされると見る。しかし、この関係が一瞬のうちに逆転することもあり予断は許さない関係。
● この宿星とは非常に縁深く、周りの人間関係を調べるとこの星が最も多いという人も珍しくない。
● 結婚する前も、した後も何かと苦労が絶えない。
● 近距離の関係では、距離が近い分縁も生じ易く、安壊星の作用はあるとはいいながらも、実に微妙な関係でマイナス作用だけではない。上下関係なら、上司が「安」で部下が「壊」であれば、それなりに力を発揮できる相性。


■近距離の男女

距離が近いので接点が多く、相性がイマイチなのにもかかわらず、出会って恋に落ちる確率は…
相性の続きを見る 続きを見る


※PC&スマホすべてのデバイスに対応しています

戻る

※このページから入られた方は、下記リンクからお入りください。
宿曜占星術 夢占い ロンバードの予言


Copyright (C) fs-astrology All Rights Reserved.