▼友・衰の相性


ズバリ「恋人星」といえる関係です。 損得抜きで好きになってしまう相手なので、恋愛中はお互いを思いやりながら、楽しい生活ができるでしょう。しかし、あまりにも夢中になってしまうと相手の本質を見抜けずに、後で失敗に気づくということもありそうです。さらに、決して「夫婦星」にはなれないのがこの相手。いざ結婚しようとすると、周囲に反対されたり、また結婚後もトラブルや不幸に見舞われることも少なくないのです。
基本的にはとても仲が良く、憎しみあって別れるということはないでしょう。別れた後に、また復縁することもあるカップルです。さらに再婚同士だと、もめごとも少なく、うまくいくという不思議な縁があります。

友衰(友=相手から友情をもらう関係、衰=自分の運命が衰退する関係)
友達になりやすいが似たもの同士で障害も発生しやすい関係、与え合う関係です。
友人、恋人としては良い相性。しかし共同事業や金銭授受が発生すると関係が歪んでいきます。

● 恋愛関係・友達関係においては最高の輝きを放つ関係。出会いのチャンスも多く、趣味や価値観やフィーリングなどのいづれかが合うので、初対面でも楽しく付き合える。
● あくまでも恋人星であり、夫婦星ではない。また、友人星であっても、ビジネス星ではないので注意。それさえ気をつけていれば、人生の貴重な潤いをもたらしてくれる相性である。
● どちらも初婚の場合は長くは結びつきにくい関係だが、どちらかあるいは両方ともが再婚の場合はうまくいく。
● 自分の本命宿から見て「友」に当たる人は自分が優位な立場で、「衰」にあたる人は相手の方が優位であると見る。
● 中距離は、この「友・衰」の関係ではもっとも縁が深い相性です。ただし、趣味や仕事に対して過剰なのめり込みをすることがあり、そのためにトラブルが発生することも。共同作業をする仕事仲間としてはお互いを潰し合ってしまいます。


■中距離の男女

いつまでも恋人の気持ちが持てるベストカップル!
恋人同士としては、友衰の中でも一番いい関係を築けるはず。しかしやはり結婚となると、なかなか難しい問題も持ち上がってしまいそうです。何らかの複雑な問題がもとで、結婚などに対して障害が起こりそうな場合は、必ずしも籍を入れることにこだわらないのも、選択肢の一つと言えるでしょう。また、冷静な判断を下せる第三者の相談相手を探しておくと、二人にとっては心の支えとなってくれるでしょう。共通の友人をたくさん作るようにしましょう。


※このページから入られた方は、下記リンクからお入りください。
宿曜占星術 夢占い ロンバードの予言



無断転載を禁じます。
Copyright (C) fs-astrology All Rights Reserved.