Menu

  • twitter|宿曜占星術|無料占い
  • Facebook|宿曜占星術|無料占い
  • 無料占い・診断|宿曜占星術「相性・運勢・恋・結婚・27宿」【fs-astrology】

    あなたの2017年の運勢は?

    / /

    ▼ ・・・診断結果・・・ ▼

    77,816 views

    斗宿

    ~ 穏やかな負けず嫌いの目立ちたがり屋星 ~
    ◆四神分類 ※北方七宿 玄武(げんぶ)

    ◆十二宮による分類
    「弓宮」に一足、「磨宮」に三足属しており、この2つの宮から影響を受けています。
    ・弓宮(きゅうきゅう)
    計略が巧み、剛気で人望もあり、困難を切り抜け目的を達成させる力がある。財を得て成功するが、家族・親族との縁がうすかったり、孤独になりやすい。
    ・磨宮(まきゅう)
    「闘争を主る」宮。心は荒く、性格は冷厳。家族にも愛情がない。仕事としては、刑罰を司るのに向いており、司法関係を適職とする(ただし、土曜日の夜に生まれた人は、善相で頭領となるといわれている)。

    ◆七宿による分類
    斗宿は、『安住宿』に属しています。畢宿、翼宿、壁宿も、このグループです。
    この『安住宿』に影響を受ける人は安楽な生涯で、名声を博することを意味しています。

    ◆七曜日による分類

    基本的性格
    斗宿生まれのあなたは、一見、のんびりしていて動きも鈍く、他人からは馬鹿か利口か分からないような感じだが、大体、頭の回転が速く、物事の先を見通す直感力、霊感は鋭いだろう。
    常に自分が、どう目立つかを最優先に考えているタイプで、ゆえに周囲への思いやりや気遣いといった事柄では想像力が鈍い。幼少期はいじめの対象になる者も多いだろう。

    人柄は穏やかだが、自尊心は高く、負けず嫌いの競争心は結構激しく、自分より強い相手が出るとますます闘争心をかきたてられる。
    しかし、あなたをライバルと思っていない相手からすればいい迷惑でしかない。自分の技量を把握すべきだ。

    内面はとても頑固で忍耐強いタイプです。
    しかし、その頑固さゆえに大失敗をしてしまう危険性も持ち合わせている為、信頼のおける人物の意見に耳を傾ける素直さを持ちましょう。
    また、不思議なインスピレーションに長けていて、神秘的なものを好みます。

    根は大変な努力家で、賢いゆえにカタブツなイメージに見られがちですが、実際は、あちこち動き回ってアクティブに活動するエネルギッシュな精神の持ち主です。周囲から注目されることに自分の存在意義を見出しているところがあるようです。そのため初対面は非常に良い。

    そんな斗宿生れのあなたは、精神性がとても高く、未来を嗅ぎ取れる霊感が備わっています。「名誉運」と「財運」を持っている人です。

    北斗の星で元来が大将星だが、同じ大将星の一つである虚宿とは対照的だ。根が慎重で見栄っ張りな性格から失敗を恐れやすく、虚宿のような一発勝負に出るような冒険や、派手なことはできないタイプだ。

    そのため、遠まわしな自慢や揶揄が多く、人の成功に対する嫉妬心も強い。
    この性質が波乱を招く。(※とくに斗宿女性)
    気遣いと人望にかけるため、どこか尊敬されない。自分が目立っていないと気に食わないのだろう。
    意味のない見栄を張ることで運気の歯車は逆回転していくが、そこに気づくまでにかなりの時間を要する。

    中年期からはちゃんと自分の軌道をみさだめ、そのまま進めば晩年になるにしたがい安定した道を歩んでいける。だが、斗宿は自らの力よりも周囲との人間関係が強く人生に影響するため、どんな人物とどんな関係を続けていけるかが大きなポイントとなる。人の肩書や表看板にまどわされやすい点は注意すべきだ。自分に自信の無い証拠でもある。

    お世辞は言えず、世渡りの術は下手なほうで、自分で自分を売り込むのは苦手だが、受け身でいても他人に引き立てられてチャンスに恵まれるという一種の天徳を備えている。
    辛抱強く、息も長く、たいていの苦労ははねのけて生きて行くだろう。

    じっと待って運を勝ち取るタイプで、いざという本番に強く、それも自分の体で働くより、頭脳プレーで成功するだろう。手が不器用であっても頭でカバーしていく。
    ただし、仕事において教えてもらえるまで待つという姿勢はマイナスにしかならない。受け身なあまり成長が鈍いという難点もある。
    見栄っ張りな性格が影響してか、物事の学習は人の動きをコソコソと見ては盗んで教養を高めるとした動きをする。素直に学ぶ姿勢があれば成長も早いだろう。年をとればとるほど顕著になるため、できるだけ若いうちに改めるべき。うわべだけの知識で赤っ恥をかくのはあなた自身だ。

    人間関係においては、人にあれこれとケチをつけるわりには、自分に甘いところがあり、むしろ自分で自分のことが見えていないのは欠点だ。

    また、注目を浴びたいという欲求と臆病な性格から、相手の顔をジロジロ見たり、用もないに相手の視界に入ろうとする習性がある。嫌われている相手にはしないことだ。状況によっては目障りでしかない。
    気持ち悪いと思われたり、睨んでいるように見えたり、そうした行動が嫌われる発端になることも。
    斗宿の中でも過去にいじめられた経験のある人は、要注意。

    他の宿は普通にできるのに、斗宿の場合「一言足りない。」としたケースが多く、徐々に人間関係が崩壊していく。
    根が臆病なため、相手を恐れて適当な対応をすると、さらに状況は悪化する。

    教養のないタイプとなると、底意地悪く、嫌みや人を馬鹿にしたような態度をとったり、悪知恵ばかり働く者も多い。
    言葉の配慮と適度な距離の取り方、それがわかれば人間関係も上手くいくだろう。

    斗宿は、自力で荒波をかき分ける逞しさはない。それだけに周囲への感謝の気持ちを忘れないようにすることだ。
    また、調子に乗りやすく、関係が長く深くになるにつれ、相手に対する配慮がかけるため、せっかくあなたを引き立ててくれる人物が現れても、信用・信頼を失う結果となることも。

    知識、技量、経験が備わっていれば良いが、口先ばかり達者で生意気な印象を持たれ、敬遠されやすい。
    とくに女性の場合、上から目線な態度になりがちで、まったく進歩しない者も多い。根拠のない自信家もよく見かける。

    常に自分の意見・考えが正しいと思っているところがあり、表面は穏やかそうに見えても内面は、一方通行で自己中心的だ。

    また、自己愛性が強く平気で他人の手柄を横取りし、自己評価を高めようとするずる賢さももある。しかし結果的に部下、周囲からの信頼も失い、自滅のするのがオチだ。

    根は悪人でもなければ善人でもない、本質的な善悪の区別はなく、状況に応じて自分を変えるお人好しタイプと言える。
    そのため、低俗な連中のなかに入り込んでしまうと、妬みを受けて孤立し、生涯を不遇でおわる人もないではない。生きる場所を誤ると一生苦労する星だ。また自分の理想、信念のために身を投じ、夢を追いすぎて生涯モノにならなかったり、未完の大器におわる人もいる。

    財運はあるが、金銭よりも本質的には名誉の星である。そして、ひとたび功成り名をとげれば、非常に息は長いだろう。

    普通の人とはどこか違った独自の世界を作るところがあり、神秘的なことが好きで、霊感もあり、教祖的要素も多分にある。

    斗宿の人は事業家としての成功者でも、ただ金ではなく、それを超えた一つの理想、ロマンを持っているのが特徴だ。

    自分の存在感を周囲に見せつける、見せびらかせたい性質があるため、不特定多数の人々を相手にしたヒューマニティーのある仕事なら何でも向いている。政治家、経営者、芸術家、技能や芸を生かした職業、教師、宗教関係もよいだろう。女性なら歌手や女優もよい。

    視野は狭いが、自分の専門の分野にかけては、驚くほど記憶力がいいといった妙な才能もある。業師に見えることもあるだろう。
    その反面、多角的視点が必要となる組織マネジメントやディレクション、管理職には向いていない。優秀な人から順に離れていき、組織は力を失っていく。
    複雑な人間関係に対応できるほど起用ではないのだ。
    一たび脚光を浴びると上下関係なく傲慢で偉ぶった態度になる者もいる。

    また、自尊心が強く、自分を売り込むことが出来ない。そのためにせっかくの才能も埋もれさせ未完に終わることもあるので、よき先輩、友と交わること。天徳によって、あなたを引き立ててくれる人がきっとあらわれるはずだが、それにしても頑固な見栄は捨てるのが賢明だ。

    お調子者で初心を忘れやすいのも難点だ。
    なお、情にもろく騙されやすいので用心が肝要だろう。結婚運は悪くないが、体が弱かったり、子孫縁が薄く子供に恵まれない人もいる。

    男女ともに、意外に好色なところがあり、情にもろく、しかも浮気ではなく真剣になりやすいので、色難に注意が必要だろう。

    運勢年表


    相性一覧
    説明 ※『「近距離、中距離、遠距離」は関係性の引力を表します。近いほど強く、遠いほど弱まります。』(※)内はあなたの相を表しています。