Menu

  • twitter|宿曜占星術|無料占い
  • Facebook|宿曜占星術|無料占い
  • 無料占い・診断|宿曜占星術「相性・運勢・恋・結婚・27宿」【fs-astrology】

    あなたの2017年の運勢は?

    / /

    ▼ ・・・診断結果・・・ ▼

    58,616 views
    010yado27hed

    翼宿

    ~ 信念の高いクレーバーな星 ~
    ◆四神分類 ※南方七宿 朱雀(すざく)

    ◆十二宮による分類
    「獅子宮」に一足、「女宮」に三足属しており、この2つの宮から影響を受けています。
    ・獅子宮(ししきゅう)
    勇猛で統率力あり、策略にもたけ、上下関係や規則が最優先される職業(戦前なら軍人)、官僚に適する。昇進と高貴を約束される。万物を生育させる人徳あり。 【欠点】 気が短く、短慮のところあり。肉食を好み、若死の恐れ(出生時が日曜で、かつ日の出の時刻にあれば、「将に将たる人」となる)。
    ・女宮(じょきゅう)
    女性には特に吉。男性は、表面はやさしそうだが、胸のうちを人に明かさないので、他人からみてわかりにくい面あり。なかには陰険な所のある人もいる。適職は、官界や女性を指導したりする仕事に向き、財運あり。 【欠点】 多病。特に眼の病気にかかりやすい(木曜日生まれなら、災いにもあわず、幸福な生涯を送る)。

    ◆七宿による分類
    翼宿は、『安住宿』に属しています。畢宿、斗宿、壁宿も、このグループです。
    この『安住宿』に影響を受ける人は安楽な生涯で、名声を博することを意味しています。

    ◆七曜日による分類

    基本的性格
    翼宿生れのあなたは、別名を「北徳宿」といい、つまり天子の座を象徴している。徳望と実力で権威の座につく自尊心の高い星だ。
    名が示すように、翼宿生まれの人は翼を使って遠い所に何かを伝える使命を持つとされています。
    緻密な頭脳の持ち主であり、妥協なく納得するまで物事をやり抜く完璧主義者です。また、粘り強さもある為、苦しい状況にも負ける事はありません。

    強い正義感と正常な理性が宿っている翼宿は、いわゆるできる人の雰囲気が漂っており、子供のような夢を思い描く一面もあれば、その反面、社会的で現実的な思考も備えた二面性があります。

    外見は他を寄せ付けない毅然たる雰囲気が漂っていて、どう接してよいか掴みにくい人物です。
    そんな翼宿生れのあなたは、27宿の中で最も「海外運」を持っている人です。

    自分の理想、信念に生きる人で、そのために大変なワンマンで、頑固者だ。日頃は温厚な君子、紳士で、動作と言葉づかいも穏やかだ。自分の信念や考えも、胸のうちに深くおさめ、あまり口にしようとはしない。

    しゃべり方は穏やかでも、率直で、言葉を飾らない。無駄口を叩かず、建前より本音をすばり言ってのける。しかし、どことなく権威があり、ちょっと底知れぬ人物で、どう扱っていいか迷ってしまうところがある。

    翼宿は、損得抜きで理想を追求するところがあり、お金なんかもらえなくてもいい・・・という無欲さがあり、志も高いため、どんなにわがままを通しても人に愛されることがある。
    清く正しく損得抜きで自分らしさを貫き、精進し続ける。人付き合いに関しても、どんな相手でも真正面から向き合って、そこから何かを得してしまうほど器が大きくて公平だ。
    やや空回りする傾向はありますが、優しく思いやりがあり、無益な争いをしないため敵が少ないのも良い点です。
    しかし、他人に合わせて自分の都合を調節したり妥協したりできない不器用な性格なので周囲との摩擦も多い。

    基本的には優しそうですが、何しろ自分自身に正直で、他と妥協することを知らない。間違ったことと、まがったことは大嫌いの正義感である。
    仕事をしても、必ずしも器用ではなく、早くはないけれど自分に納得がいくまで、辛抱強く、ゆっくりとしたペースで進める完全主義者です。
    根が善人で、私利私欲はないが、こと仕事となるとガメツサが出てくる。

    元来が、内向的で神経質な星なので、不満が溜まると休火山が噴火したようになって自分でも感情を抑制できなくなる傾向があります。

    この宿星の人はとかく口に災いのある人が多いようだ。
    天子の座に生まれついた翼宿は、自分では普通のつもりでも、言葉一つ一つが他の宿よりも「天に代わって物申す」といった重みが加わります。
    とくに、年齢とともに底知れぬ落ち着きをかもし出すことも多いので、怖がられないようにソフトな物腰を心がけると良い。
    本人が思っている以上に相手の心に響いてしまいます。

    自分の信念に正直すぎ、一徹なあまり頑固でワンマンで、毒舌を吐いたりするので、世渡りはむしろ下手なのだ。しかし生まれながらの徳望と実力で、その世界の権威になれる。けれども他人の上に立ちながら、何でも自分でやらないときがすまず、他人に任せることが出来ない人だ。

    自分一人で荷を負いすぎて、一人苦しむこともあるので、信頼できる人に心を打ち明けて重荷を分担してもらうことも必要だ。

    また「翼」とは文字どおり、ツバサで飛ぶことを意味し、海外に出て成功する運がある。
    穏やかそうに見えて実は度胸があり、どんな環境にも適応し、自分のペースを作れる資質に恵まれている。

    しかし元来商売人の星ではなく、あくまで名誉の星だ。金運は必ずしもあるわけではなく、名声のわりには私財は乏しく、お金は入ってもすぐ出てしまうほうだ。

    妙な野心から商売に手を出すと、苦労したり損をしたりするのがオチだ。金銭管理は不得意な方だ。

    仕事を選ぶなら、政界、官界、特に外交官、教育界、芸術、技術の世界に求めるべきだ。実業なら海外に縁のある仕事で成功するだろう。

    また、女宮の影響が強いので、女性相手の仕事も悪くない。例えば女学校の先生などはぴったりだ。

    大体、翼宿の男性は女性から好かれ、信用もされるが、何故か女難の相があり、悪妻にたたられたり、子供に恵まれなかったりするケースがよくあるのだ。

    尚、翼宿男性は、愛のない関係を持つことはありません。故に愛する者と一生添い遂げる誠実さがあるが、不愉快に感じる相手には氷のよう冷徹なところがあります。

    女性の場合は、自分の感情をじっと胸の中だけに閉じ込めてしまい、言いたくてもあまり口に出さないで、つい辛抱してしまう。
    喜怒哀楽の感情をさらりと表現したりムード作りをするのが下手で、何を考えているのか分からない人がいる。
    強情で頑固な点は男性の場合と同じ。徳はあり、人間としては立派で、自分なりの正しい信念に生きているが、ときに偏狭なまでの頑固さがあるので損をする。
    頭もよく、学問や仕事が好きで、男まさりのような強さがあるが、どこか堅すぎて人間として、女としての面白味に欠けるだろう。
    一般的には、恋愛に対する興味も薄いので恋愛経験は少なめだが、一度好きになった相手には徹底的に尽くすタイプだ。
    母性本能は極めて強く、結婚すれば良妻賢母となり、家庭をうまく切り回すだろう。
    ただし、母性本能が強すぎて、逆に子供を過保護にしてしまい、それがマイナスになるケースがよくあるから注意が必要だ。

    また、インドでは歓待の神アルヤマンと関連付けられていて、この神は、どんな援助をも求められる者を意味しています。

    翼宿生まれの人は、困っている人や病んでいる人に力を貸す使命があるということです。
    目標に向かって絶え間ない努力をする強固な意志の持ち主です。
    人を束ねていくリーダー的資質と統率力が備わっています。
    もともと才能に恵まれた人が多く、とてもクレーバーな高い能力を持ち合わせていて、とくに自分を磨くことにかけては余念がなく、とても熱心です。

    旅行や乗り物、映画が大好きで、海外で暮らすことをどこかで夢見ているようなところもあるようです。

    志が高く理想に燃える翼宿は、華やかでドラマテックな日常を好むものの性格は実直で現実的です。
    注目を集めたいという欲求と、穏やかな日常を望む意思との間で葛藤を感じるタイプです。
    スケールの大きい理想ばかり掲げて社会とまったく歯車が合わなくて苦労する場合もあるようです。
    妥協を許さない完全主義な面が強く正義感も強く、その主義主張が原因で、つまらないことや、どうでもいいような事に労力を費やしてしまうケースがあるので注意が必要です。

    翼宿の開運の鍵は、成すべきことを成すこと。人事を尽くして天命を待つように、物事に全力を尽くした後は潔く手放す努力を。

    また、尽くしてもらうより自分から相手に奉仕することができれば、翼宿独特の美意識と才能は世界に届くはずです。

    博愛の精神と見返りを期待しない行為は翼宿の品格を高め信頼度もアップするだろう。

    運勢年表


    相性一覧
    説明 ※『「近距離、中距離、遠距離」は関係性の引力を表します。近いほど強く、遠いほど弱まります。』(※)内はあなたの相を表しています。