Menu

  • twitter|宿曜占星術|無料占い
  • Facebook|宿曜占星術|無料占い
  • 無料占い・診断|宿曜占星術「相性・運勢・恋・結婚・27宿」【fs-astrology】

    あなたの2017年の運勢は?

    / /

    ▼ ・・・診断結果・・・ ▼

    50,542 views
    004yado27hed

    参宿

    ~ 革新的な仕事が出来る星 ~
    ◆四神分類 ※西方七宿 白虎(びゃっこ)

    ◆十二宮による分類
    「夫妻宮」に4足とも属しており、この1つの宮から影響を受けています。
    ・夫妻宮(ふさいきゅう)
    「子孫の事を主る」宮。異性関係が多く、子供もたくさん残す。淫乱の性もあるので、自制が必要。辛抱強く、内を取締ることも上手で、総務とか秘書のような仕事に向く(土曜日生まれは大富豪になる)。

    ◆七宿による分類
    参宿は、『悪害宿』に属しています。柳宿、尾宿、心宿も、このグループです。
    この『悪害宿』に影響を受ける人は毒があり剛猛です。

    ◆七曜日による分類

    基本的性格
    参宿生まれのあなたは、エネルギー過多症ともいうべき星。
    マメで休むことを知らず、いつも太陽に向かってエネルギーを発揮しながら意のままに駆け回っています。
    野蛮な一面とミステリアスな知性の二つを兼ね備えています。

    何事にも恐れない決意と自信がみなぎっており、大胆な行動と言動で大きく人生を切り開いていく度胸があります。 また、趣味や興味の幅がとても広く、好奇心旺盛です。ポジティブな精神が宿っており、言葉の表現力もある為、自信過剰な自己表現になりがちです。

    言葉に毒があり相手を不快にしてしまう事もあります。言葉には慎重さが必要です。
    27宿の中でも「人気運」と「対人運」に恵まれており、斬新でエネルギッシュ。

    才気はあり、新しがり屋で、冒険を好み、古い組織や伝統を精力的に改革することの好きな「革新の星」だ。

    大将星の一つですが、それだけにまた波乱多き生涯を送る。
    ヒト・モノ・カネに関してはとても利己的で、上司になると部下に対する情や優しさはあるのだが、その場の感情に任せて平気でヒトを切る場合もあり、短気な気性が災いを生む事もあるので、注意が必要だ。
    波乱万丈の人生を送りやすいのは、この為だろう。

    陽性の星で、隠し事をするのは苦手。何でも表面に出してしまう。自信も強く、いつも俺はえらいと思い込んでいる「お山の大将」だ。

    ズケズケと自分の考えを押し付ける攻撃性も強烈で、相手に有無をいわせない。理屈屋で感情も激しく、短気な半面、思慮深くておとなしい人もいる。

    才気とアイディアと行動力で、どんなに窮地に立ってもきらりとしたひらめきと胆力で障害を突き破っていく。

    短気で毒舌家なので、誤解されたり、敵も作りやすく、孤立することもある。しかし陽気で、正直なため、どこか憎めないところがある。

    信義には堅く、人に愛されるので、上からも認められ出世する運勢を持っている。

    女性とは縁が深く、女色を好む。

    なにしろよく働く一方、食べ好き、ハデ好き、遊び好きという陽気な星なのだ。女性にはモテるだろうが、女難の相もあり、生涯に妻を2度も3度も変える男性もいる。

    参宿には悪心ある人も中に入るが、その悪心から銭財を求めると失敗する。また、自らの才で運を破る。

    権勢を好み、愛憎ともに盛んで復讐心も強く、やり手でもあるが、度を超すと鼻持ちならぬ人間になり、ひとたび権勢の座から落ちると、とたんに孤立してしまうので、立ち直るのに相当の苦労をする。

    冒険好きだが、一方では用心深く、気の小さい面もある。

    本当の実力やそこがないと、エネルギーの空騒ぎになり、口ほどにもない脆さを意外なときにさらけ出したり、ほらふきとか山師と呼ばれる羽目になる。見かけは強そうだが、ノイローゼになる人もいるぐらいだ。
    根は寂しがり屋で、甘えん坊気質が強く、周囲からは可愛がられるだろうが、男性の場合、どこか軽い男に見られて本気の相手として見られないケースも多い。
    参宿のエネルギーは寂しさ・孤独感からくるパワーでもある為、自分をアピールしようとする力が強く働くと、自分の存在感を見せつけようと態度が大きくなったりするが傾向がある。
    相手に誤解を与え大損失する可能性もある、この点はコントロースすべきだろう。
    外では陽気そうだが、内面は必ずしもそうではなく、しかも女出入りが多いので、妻から見ると扱いがたい亭主関白かもしれない。

    遊び道楽は一生やまず、年を取っても気は青年のように若々しく、ますますタフになるのも特徴。

    女性の場合は、割と無口なのに理屈屋で、性格は強く、頭領運を備えている。若い頃は奔放で男性遍歴を繰り返し、仕事でも男まさりの力を発揮する人がいる。

    しかし本質は地味で用心深いタイプもいる。

    それだけに家庭人としての幸福からはやや縁が遠く、いつも理想の男性を求めていながら、巡り合う機会が少ない。やっと見つけても逆に男を養ってしまい、それが原因で相手が逃げ出すケースもある。

    しかしお金には困らないだろう。

    参宿の男性は芸能界に入っても下積みの苦労が多く、異性関係で身持ちを崩し、口が悪くて嫌われるような人が多いので、この世界にはあまり向かない。芸能でも音楽なら才能を発揮する。

    参宿の人は、思い切ってアイディアを生かした仕事、例えば文筆以外にも新製品の開発、新企画、創造的な仕事なら、何でも成功するだろう。また役人、薬剤師、医者、エンジニア、教師、マスコミ関係も適職だ。

    商売もうまいのだが、悪心を抱いてやれば必ず失敗する。才子、才に溺れるというやつだ。それに注意すべきは、行き過ぎた好色と毒舌だ。口は災いの元であることを胸に刻んでおくことだ。たった一言で一生をあやまることさえある。短気も幸運を逃がすので、相手の言い分にも十分に耳を傾けることだ。

    また、日常から流れてくる情報をキャッチする事には長けているが、反対に下手に出て何かを教わるという事が苦手であり、受け身になってしまいがち。
    自信過剰な面(プライド)が邪魔をして深いところまで手が届かないのだ。そこが参宿の底の浅さと言えるだろう。
    とくに管理職、技術職の道に進むのなら、上辺だけの知識では仕事に生きてこない。
    大将星といっても、周囲からの意見を吸い上げる事が不得意な為、人望、人徳はやや薄い。そのため真のリーダーにはなりがたい傾向がある。
    参宿の開運のポイントは、不要なプライドは捨て、わからない事を恥と思わない事だ。
    革新の星のため、創造性や発想力は抜群であり、周囲の人の考え、知識を身の肥やしにする事ができれば、大物になる可能性も秘めている。

    女性は自信がありすぎて、とかく男が馬鹿に見え、その度に男性遍歴を繰り返しやすい傾向にある。男を肥やしにして自分が成長する人もいるが、下手をすると、どうしようもない苦労の人生を送る人もいるだろう。
    持前の愛嬌とポジティブなパワーを最大限活用する事だ。

    運勢年表


    相性一覧
    説明 ※『「近距離、中距離、遠距離」は関係性の引力を表します。近いほど強く、遠いほど弱まります。』(※)内はあなたの相を表しています。