Menu

  • twitter|宿曜占星術|無料占い
  • Facebook|宿曜占星術|無料占い
  • 無料占い・診断|宿曜占星術「相性・運勢・恋・結婚・27宿」【fs-astrology】

    あなたの2017年の運勢は?

    / /

    ▼ ・・・診断結果・・・ ▼

    47,800 views
    002yado27hed

    畢宿

    ~ 堅実な強い理想主義者 ~
    ◆四神分類 ※西方七宿 白虎(びゃっこ)

    ◆十二宮による分類
    「牛宮」に四足とも属しており、この1つの宮から影響を受けています。
    ・牛宮(ぎゅうきゅう)
    金運があり、友達や親族の数も多く、人々から尊敬され長命である。適職は、たくさんの従業員を使った農業・牧畜に関係する仕事。もともとは短命だが、勤勉さが健康をつくる。呼吸器の病気で中年ごろ苦しむことがあるので、要注意。

    ◆七宿による分類
    畢宿は、『安住宿』に属しています。翼宿、斗宿、壁宿も、このグループです。
    この『安住宿』に影響を受ける人は安楽な生涯で、名声を博することを意味しています。

    ◆七曜日による分類

    基本的性格
    畢宿生まれのあなたは、見かけも素朴で、男は飾りっけがなく、女性は日本的な美人が多いのだが、割と庶民的で気取りがなく、中にはぬかみそ臭い人さえいる。

    動作も牛のようにのろく、他人から見ると鈍感で怠け者のような感じを受けることもあるが、胸の中には意外に大きな理想が燃えている。
    いったん心を決め、こうと信じたらテコでも動かない頑固さがある。他人の意見など馬耳東風、一人よがりで、ちょっと扱いかねるところもある。そのため他人に迷惑をかけようが、自分がどう思われようが本人は平気だ。

    極端に言うと、自分だけが正しいと信じてはばからず、他人に対しては意外と盲目だ。これは心の中に大なり小なりの自分の王国があるからだ。
    一歩一歩スローペースで歩んでいく人であり、愛情が豊かなイメージを持っており、見かけは穏やかで聡明に見えますが、内面は意志が強くとても頑固者。

    物事に対する執着心は人一倍強く所有力も高いので、守るべきものは断固守り抜く強さがあります。
    ただ、行動がマイペースすぎる上に頑固なために自己中心的と思われる傾向があります。

    執念深く、頑固だけけれど争いを好まず、寝が善良であることも畢宿の特性の一つ。

    実力がなくて理想主義がいきすぎ、「愚者の楽園」といったタイプもあります。他人から見るとこっけいですが、本人は真剣だ。自分なりの王国を夢見ているのだが、実力がとなわず、そのまま一生を終わってドロップアウトしてしまうことがある。

    畢宿の人は、例えば管理職でも人情があるため、無能な部下だと知りつつもクビを切ったりする決断は下せない。

    聡明だが、多芸多才といった器用さはなく、一つのことに集中して才能を発揮するほうだ。特に若い頃は不器用で、他人に遅れがちだが、マイペースで一歩一歩と前進、年齢とともに実力を蓄えていく大器晩成の運勢だ。

    彗星のごとく突然スターになるのではなく、地味に着実に頭角をあらわすほうである。

    「増財宿」ともいわれ、金銭感覚、商才もあり、財を育てていきます。しかし一攫千金型ではなく、辛抱強く蓄積するほうだ。

    融通が利かず、人間的な面白味には欠けるかもしれない。

    畢宿女性は張宿、房宿とともに美女星の御三家の一つといわれている。忍従の星の一つで、結婚すれば夫や子供によく尽くす。しとやかだが辛抱強く、おとなしそうでもシンはしっかりしていて根は頑固だ。

    相性さえよければ幸福な妻の座につけるが、なぜか男運がなく、男で苦労する。それもトラブルの原因は相手から起こる被害者型だ。しかし元来の忍耐強さで家庭を持ちこたえていくだろう。

    ただ悪いタイプになると、妻の座にべったりとあぐらをかき、鈍感で、男が一番嫌う女性になる。

    畢宿は、プライドが高いため、自分から悩みごとを相談するのが苦手です。
    解決できる人に直接聞くと見下される(馬鹿にされる)のではないかという思いが先行してしまい、モジモジして行動に移せない。そのため、その人に聞こえるように、第三者を使い自分の悩みを打ち明け、助言してくれるのを待つという性質があります。
    畢宿の成長の鈍さは、この高すぎるプライドから来ている。

    また、なんでも自分でやろうとする傾向があるのだが、結局八方ふさがりとなり、周囲に迷惑をかけてしまう。これは畢宿の見栄っ張りな性格からくるもので、とくに自分より仕事のできる人が来るとがぜん張り切りだします。

    畢宿が学ぶべきポイントは、専門分野の人をリスペクトすることだ。
    寄せ集めの知識でなんでも知ったかぶりをするのは結構だが、最終的な責任を取れないのなら、一芸に徹した方が良い。
    また、アレコレと口出しするところも慎むべきだろう。見栄の張り合いで毒づいたりするところも注意すべきだ。

    言うだけ言って、後は知らないというスタンスがよくみられる。

    男女とも仕事熱心で、道は狭くても芸術、技能の世界は最も向いています。財運もあり、金銭感覚にも鋭いので、実業家、銀行マン、経理マンなど金銭に関係ある仕事もよい。

    のれんを分けてもらえるという運があり、それを大きく育てていくような生き方は特に賢明だ。

    心に理想を持つことは結構ですが、実力がないのに自己を過信し、「愚者の楽園」になることを、この星は最も注意すべきだ。多少実力はあっても周囲のヒンシュクを買い、出世が遅れることがある。
    相手の考えや意見も十分に取り入れ、柔軟性を持つ事も大切だ。

    尚、管理職は向いているのだが、場当たり的な行動が多く、先を読む力が弱いため、補佐にどんな人物を付けるかが重要になる。

    運勢年表


    相性一覧
    説明 ※『「近距離、中距離、遠距離」は関係性の引力を表します。近いほど強く、遠いほど弱まります。』(※)内はあなたの相を表しています。